完工事例

カテゴリー別にみる|すべて

木曽桧とセルロースファイバーの二世帯住宅K様邸

物件データ

建設場所小松市月津町
構造木造2階建
延床面積281.76㎡(85.23坪)
断熱仕様デコスドライ工法(次世代省エネ基準)
住宅エコポイント新築30万ポイント対象

建築中レポート

1.2010年06月04日

既存の住宅が解体され、更地になりました。

2.2010年06月05日

住宅建設の位置を確認するため、地縄を張っています。

3.2010年06月08日

住宅建設の地鎮祭が行われました。

4.2010年06月12日

住宅建設位置の地盤調査をしています。(専門の調査会社)

5.2010年07月09日

地盤改良の着工です。改良剤が現場に搬入されました。

6.2010年07月09日

表層改良です。土とセメントを撹拌し地盤を固めます。地盤保証が付いています。

7.2010年07月12日

地盤改良が終わりました。この上に剛性の高いべた基礎を施工します。

8.2010年07月12日

二世帯住宅ですので水道の引込管を13mmから20mmにしました。水圧が上がりました。

9.2010年07月13日

住宅建設の基礎の位置や高さの基準(遣り方)ができました。

10.2010年07月15日

べた基礎のベースの型枠(外側)を組み立てています。

11.2010年07月16日

べた基礎の鉄筋が現場に搬入されました。改良土の上には防湿シートをひいています。

12.2010年07月17日

ベタ基礎の鉄筋を組立てています。建物面積が多きいため4人がかりです。

13.2010年07月20日

基礎の鉄筋の組立てが終わりました。13mmの鉄筋が格子状に組まれ、上を歩いてもビクともしないくらい頑丈です。

14.2010年07月20日

住宅瑕疵保険の検査員による鉄筋検査が行われました。もちろん合格です。

15.2010年07月20日

べた基礎のベースコンクリートを打設しています。鉄筋の入った頑丈なベースが地盤の上で建物を支えます。

16.2010年07月21日

べた基礎のベースの上に立上がりを作っていきます。鉄筋が出ている部分です。ベースの鉄筋と緊結されています。

17.2010年07月21日

木曽ひのきの材料です。手前が5mもある土台、奥が4寸の柱です。上棟時に使います。

18.2010年07月23日

ベタ基礎の立上がりの型枠が組み立てられています。

19.2010年07月26日

べた基礎の立上りのコンクリートを打設しました。天気の良い日が続き、雨に合わずに工事が進みました。

20.2010年07月29日

桧の通し柱を積んでいます。5寸角(15cm×15cm)で重量もあり3人がかりです。

21.2010年07月29日

桧の通し柱5寸角(15cm×15cm)の断面です。上棟時に建てられます。

22.2010年07月29日

基礎立ち上がりの型枠を取り外しています。コンクリートの表面が見えてきました。

23.2010年07月30日
24.2010年07月30日

木曽ひのきの和室に使う化粧柱です。この後表面をツルツルに削ります。(超仕上げ)

25.2010年07月31日

木曽桧の化粧柱の表面が削られました。とても美しい木目です。

26.2010年07月31日

木曽桧の大黒柱7寸角(21cm×21cm)です。年輪が・・・すごいです。玄関ホールの正面に使います。

27.2010年08月02日

木曽ひのきの土台です。桧には優れた殺菌作用があり、白蟻などの害虫を寄せ付けない性質があります。

28.2010年08月02日

木曽ひのきの土台を基礎の上に伏せていきます。基礎に埋め込まれたアンカーボルトでしっかり固定します。

29.2010年08月03日

木曽ひのきの土台伏せが終わりました。この上に木曽桧の柱を建てます。上棟は6日と7日で行います。

30.2010年08月05日

桧の柱などの材料が現場に搬入されした。足場を組立てて明日上棟します。

31.2010年08月06日

1階の軸組が完成し、2階の床合板(28mm)を施工しています。継ぎ目の90cmごとに9cm×9cmの受け材を入れています。

32.2010年08月06日

ひのきの柱が2階にも建てられました。

33.2010年08月06日

2階の軸組まで完成し、本日の前建は終了です。

34.2010年08月06日

桧の柱の上に横架材(梁桁)を組み立てていきます。

35.2010年08月06日

木曽桧の柱や通し柱が建てられました。本日上棟(前建)が始まりました。

36.2010年08月07日

屋根タルキの先端に破風板(鼻隠し)を取付けていきます。

37.2010年08月07日

屋根が完成し上棟終了です。明日、瓦屋根下地の杉板を施工します。

38.2010年08月07日

桧柱の骨組の上に屋根を造っていきます。今日が上棟です。

39.2010年08月07日

屋根の骨組の上に屋根ダルキを施工していきます。

40.2010年08月09日

瓦屋根の防水には、遮熱&透湿性のある防水シートを標準で採用しています。

41.2010年08月09日

屋根の杉板が張られ、その上に防水シートが施工されました。

42.2010年08月10日

屋根の瓦工事が始まりました。もちろん地元産の小松瓦です。

43.2010年08月10日

桧の柱にスジカイ(斜材)を金物で固定していきます。耐震に効果があります。

44.2010年08月20日

ひのきの柱に窓サッシが取り付く部分の下地の加工をしています。

45.2010年08月20日

1階の屋根瓦工事が終わりました。2階の一文字軒瓦を施工しています。

46.2010年08月23日

桧の間柱材で窓サッシを取り付ける枠を組んでいます。

47.2010年08月23日

外壁の透湿防水シートを張っています。シルバー色で遮熱性能があり、住宅の省エネ効果が期待できます。

48.2010年08月24日

屋根の瓦工事が進んでいます。屋根面積も大きくて時間がかかります。

49.2010年08月26日

外壁面に遮熱型の透湿防水シートが張られました。窓サッシも取付けられました。

50.2010年08月26日

玄関の入口です。次世代省エネ基準を満たす断熱仕様の引戸です。幅も6尺(1.8m)より広い2mのものを採用しました。

51.2010年08月26日

2世帯側の入口玄関ドアも断熱仕様です。こちらの幅も3尺(90cm)ではなく3尺5寸(106cm)のワイドタイプを採用しました。

52.2010年08月26日

2階のお風呂やトイレの配管工事をしています。

53.2010年08月27日

窓サッシです。アルミと樹脂が合わさった構造で、次世代省エネ基準の北海道や東北地域にも適合する断熱性能があります。

54.2010年08月27日

窓ガラスです。夏の日射熱や紫外線をカットし、冬の暖房効果を高めるLow-Eペアガラス(遮熱高断熱複層ガラス)です。

55.2010年08月27日

2階からの排水管に消音材を巻いています。水の流れる音を軽減します。

56.2010年08月28日

屋根の軒裏の下地ができました。この上にケイカル板(防火板)を張ります。

57.2010年08月30日

玄関ポーチの床タイルの下地に土間コンクリートを打ちました。天井の下地も出来ました。

58.2010年08月30日

バルコニーの床です。防火の為にケイカル板を張っています。この上にFRPの防水仕上げを施工します。

59.2010年09月02日

電気の配線工事です。天井裏(屋根裏)から各部屋に配線します。

60.2010年09月03日

桧の土台や大引(床の構造材)を支える床束を固定しています。腐朽や蟻害に強い鋼製の束を使用しています。

61.2010年09月03日

セルロースファイバー断熱工事が始まりました。屋根に専用の通気シートを張っています。

62.2010年09月03日

セルロースファイバーを吹き込んだ時に、重さでシートが下がらないように木の板で補強していきます。

63.2010年09月04日

セルロースファイバー断熱材です。調湿性能や防音性能があります。またシックハウスにおいては無垢の木材と同じ安全性が認められています。

64.2010年09月04日

セルロースファイバーを屋根に吹き込んでいます。全てに行き渡るように1つの区画でも数箇所から吹き込みます。

65.2010年09月04日

セルロースファイバーを吹込用の機械に入れています。新聞古紙からリサイクル生産された環境配慮型の断熱材です。

66.2010年09月06日

セルロースファイバーの屋根の吹き込みが終わりました。吹き込み口は専用のシートでふさぎます。

67.2010年09月06日

外壁の下地材(通気胴縁)を施工しています。21mmの厚みがあります。

68.2010年09月06日

セルロースファイバーの床のシートを張っています。屋根と同様に下面を木材で補強しています。

69.2010年09月08日

セルロースファイバーの床の吹き込みが終わりました。すき間なくパンパンに詰まっています。

70.2010年09月08日

桧の床タルキ材(4.5cm×6cm)を土台の上に施工しています。

71.2010年09月08日

セルロースファイバーの外壁面のシート張りが始まりました。

72.2010年09月08日

雨樋を取り付けています。樹脂の中にスチール芯が入っており、優れた耐久性と強度があります。

73.2010年09月10日

セルロースファイバーの外壁面のシートが張れました。壁面の下地材(桧のヌキ材)も施工しています。

74.2010年09月10日

桧の床タルキ材の上に構造用合板の床が施工されました。シックハウスなどの基準は合板も全てF☆☆☆☆の最高等級です。

75.2010年09月13日

セルロースファイバーの外壁面への吹き込みです。中に空洞が出来ないように注意しながら吹き込みます。

76.2010年09月13日

ひのきの間柱材で入口引戸の上の壁を造っています。

77.2010年09月15日

天井の下地を組んでいます。下地の木材は後で変形しないように杉の乾燥材を使用しています。

78.2010年09月15日

桧のヌキ(下地材)で天井の下地が出来ました。外壁面のセルロースファイバーの吹き込みも終わりました。

79.2010年09月16日

ユニットバスの廻りもセルロースファイバーの断熱材で包みます。

80.2010年09月17日

1階担当の畑中一三男大工です。玄関の天井を施工中です。

81.2010年09月17日

いつも笑顔で迎えてくれる畑中憲一大工です。天井に張る石膏ボードを切断しています。

82.2010年09月17日

桧の下地の天井に石膏ボードが張れました。2階のLDKです。

83.2010年09月18日

二世帯住宅の2階の床には防音マットを敷きました。生活音が1階に伝わるのを防ぎます。

84.2010年09月21日

2階の床防音マットの上にフロアー材を貼っていきます。ワックス不要でお手入れしやすく、傷にも強いオーマイティフロアーです。

85.2010年09月21日

1階も天井の石膏ボードが貼れました。仕上材のロックウール吸音板を貼るために墨付けをしています。

86.2010年09月22日

大事な床材に傷がつかないように、上から養生ボードを敷いています。養生板は6mmも厚みがあります。

87.2010年09月27日

ひのきの化粧柱の和室、塗り壁下地用のラスボードを施工しています。

88.2010年09月30日

システムバスルームを組み立てています。1階は広々1.25坪の大きさです。

89.2010年09月30日

断熱材を使った保温浴槽です。沸かしたお湯が冷めにくく、追い炊き回数も減らせて光熱費もお得な省エネ浴槽です。

90.2010年09月30日

入口引戸の枠材を組み立てています。人と環境に配慮したパナソニックの住宅建材リビエシリーズです。

91.2010年09月30日

1階も床フロアー材を貼っています。広幅の床はフローリング調の仕上がりで、高級感があります。

92.2010年10月04日

システムバスが完成し、入口部分の壁にもセルロースファイバーを吹込みました。断熱材にすっぽり包まれました。

93.2010年10月04日

2階のバスルームも完成しました。1階と同じく入口は出入りが楽な引き戸にしました。

94.2010年10月04日

防音工事で使用する吸音材を充填し、遮音シートを張っています。リビングに隣接する寝室です。

95.2010年10月05日

リビングと寝室との境の壁にも吸音材と遮音シートを施工しました。

96.2010年10月07日

建具(引き戸)の枠材の取付です。玄関横の納戸は床がタイルで土足なため、敷居の無い吊り戸になっています。

97.2010年10月12日

階段の施工が始まりました。段数を計算して廻り階段部分から架けていきます。

98.2010年10月14日

階段が完成しました。下の収納部分の床を張っています。

99.2010年10月14日

階段も傷がつかいないように1段1段全て養生しています。

100.2010年10月17日

壁面にプラスターボードが貼れました。1階寝室です。大きな窓から太陽の光が差し込んでとても明るいお部屋です。

101.2010年10月18日

1階のリビングです。天井はロックウール吸音板です。

102.2010年10月18日

2階のLDKです。このプラスターボードの上にビニールクロスを貼ります。

103.2010年10月19日

外壁工事が始まりました。サイディングは釘頭の出ない金具留め施工、メンテナンスの軽減を考えて、長持ちする縦張りにしています。

104.2010年10月19日

外壁サイディングの材料です。対候性が高いパワーコート仕様で色10年保証付です。

105.2010年10月22日

大工さん作り付けのカウンター(寝室)です。床材や建具に合わせたダーク色で、傷がつかないように養生しています。

106.2010年10月22日

2階ホールの飾り棚です。壁厚を利用してカウンターを埋め込みました。

107.2010年10月22日

玄関部分の外壁サイディングが張れました。

108.2010年10月25日

階段の手摺腰壁です。トップの笠木集成材の角が危なくないように丸くしています。

109.2010年10月25日

下駄箱がつきました。下だけのカウンタータイプで圧迫感の少ない開放的な玄関をつくります。

110.2010年10月25日

収納の中に棚板を取り付ける下地を施工しています。

111.2010年10月25日

本日は雨なので外壁工事を中断しています。張る前の材料を濡らさないためです。

112.2010年10月27日

ウォークインクローゼットの棚板を取り付けています。お施主様のご要望に合わせて棚をつくります。

113.2010年10月29日

子供部屋のクローゼットの棚ができました。2帖分あり収納量たっぷりです。

114.2010年10月29日

1階のウォークインクローゼットです。棚の取り付けと、クロス下地のパテ処理が行われています。

115.2010年10月29日

キッチン1階の対面カウンターができました。汚れに強い塗装仕上げの集成材カウンターです。

116.2010年10月29日

階段の下を収納にしています。高い所では2m以上もあり、こちらも収納量は十分です。

117.2010年10月29日

外壁のサイディングが張れました。続けてコーキング工事になります。

118.2010年11月08日

木曽ひのきの羽目板(壁材)です。施工前に現場の気候になじませています。木目がとても綺麗です。

119.2010年11月08日

木曽桧の羽目板に汚れ、日焼け防止のニスを塗布しています。手触りは白木の時とほとんど変わりません。

120.2010年11月08日

階段の手摺を取り付けています。握った時に手にしっくりとなじむ木製の手摺です。

121.2010年11月08日

屋根上にアンテナがつきました。地デジ対応、BSにも対応しています。

122.2010年11月09日

木曽ひのきの羽目板を洗面脱衣室の壁に張っていきます。こちらは節があるタイプです。

123.2010年11月10日

木曽桧の羽目板が壁一面に張られました。所々にある節が壁のアクセントになっています。

124.2010年11月11日

外壁や雨樋の工事が完了し、外の足場を解体しています。

125.2010年11月11日

外部の足場が解体され、大きな窓が見えてきました。とても日当たりの良い方角です。

126.2010年11月11日

木曽ひのきの和室。入口襖の枠材(鴨居)を施工しています。

127.2010年11月11日

木曽桧の1階洗面脱衣室です。木の香りがして癒されそうです。

128.2010年11月11日

内装工事です。クロス下地、ボードの継ぎ目のパテ処理をしています。

129.2010年11月11日

階段の笠木集成材が白色に塗装されました。丸棒手摺はクロスを貼るために一旦外しています。

130.2010年11月12日

ひのき材をノミを使って加工しています。手垢がつかないように手袋をしています。

131.2010年11月12日

足場が解体されました。白と黒のツートンの外壁でモダンな外観です。

132.2010年11月12日

南側の日当たりの良い方角です。1階にはテラス、2階には眺めの良いバルコニーがあります。

133.2010年11月15日

木曽桧の羽目板です。玄関廻りの腰板になりました。

134.2010年11月15日

木曽ひのきの羽目板が壁一面に張られました。玄関正面のアクセント壁です。

135.2010年11月16日

和室縁側の床板を張っています。天然木の表面材を使っていますが、ひび割れやすり傷に強い仕上げになっています。

136.2010年11月16日

木曽ひのきの腰板です。節が無くとても綺麗な木目です。

137.2010年11月16日

木曽桧の腰板で玄関が華やかになりました。

138.2010年11月18日

外部の給排水工事です。排水を浄化槽へ、給水を宅内へ接続します。

139.2010年11月18日

屋根雨樋からの雨水も配管を埋設し側溝へ流します。

140.2010年11月18日

縁側との欄間部分ができました。木曽桧材です。

141.2010年11月18日

玄関納戸の壁は桧の構造用合板仕上げです。物がぶつかっても安心です。

142.2010年11月19日

京都北山の伝統的な磨丸太、北山杉の床柱です。

143.2010年11月22日

内装工事、壁天井のビニールクロスを貼っています。もちろんクロス、のり共にF☆☆☆☆の物を使っています。

144.2010年11月22日

システムキッチン(1階)の組立が終わりました。

145.2010年11月22日

階段下の収納に下足棚がつきました。大きさに余裕があり、まだまだ物が入りそうです。

146.2010年11月25日

桧の和室、天井板を施工しています。天然木の単板から作られた天井板です。

147.2010年11月25日

ひのきの和室、床の間と仏間の床を施工しています。

148.2010年11月25日

システムキッチン(2階)を組み立てています。

149.2010年11月25日

クロスが貼れて子供部屋が明るくなりました。柄付のトリム(帯)が可愛らしさを演出しています。

150.2010年11月25日

2階の寝室は落ち着いた感じになりました。ベッド面の壁をアクセント貼りしたので空間にメリハリがでました。

151.2010年11月27日

2階のシステムキッチンがつきました。奥行き93cmもある人造大理石製のカウンターで、ダイニング側は収納になっています。

152.2010年11月27日

1階のカップボード(食器棚)です。レンジやジャーがスッキリ納まる家電収納プランです。

153.2010年11月27日

木曽ひのきの和室床の間、仏間ができました。天井板張りも完了です。

154.2010年11月27日

丸太の床柱に丸太の落し掛けが刺さっています。丸太同士の合わせの技術がすごいです!

155.2010年11月30日

木曽桧の真壁和室、壁の下塗りが完了しました。仕上げはジュラク塗りになります。

156.2010年12月01日

和室縁側と寝室テラスの外庭部分に踏石を設置しています。建替え前のお庭にあった踏石を再利用しました。

157.2010年12月05日

玄関ポーチのタイルを張っています。30cm×30cmのタイルです。

158.2010年12月05日

エコキュート設置用の土間コンクリートです。二世帯でタンク2台分の面積を打ちました。

159.2010年12月06日

外構工事。犬走りコンクリートの型枠を組立てました。

160.2010年12月06日

大工さん手造りのテレビカウンターができました。家具などにもよく使われるタモ材を使用しました。

161.2010年12月06日

ひのきの和室に仕上げのジュラク壁が塗られました。縁側部分から明るい日差しが差し込んでいます。

162.2010年12月09日

内装工事が終わり、便器などの衛生器具を取り付けています。

163.2010年12月09日

照明器具(ダウンライト)などの電気設備の仕上げ工事も始まりました。

164.2010年12月09日

大工さん手造りのテレビカウンターが白色に塗装されました。2階のリビングの雰囲気にぴったりです。

165.2010年12月09日

リビングに段違いの飾り棚ができました。集成材のカウンターです。

166.2010年12月10日

外構の犬走りコンクリートを打ちました。

167.2010年12月10日

2階のトイレも完成。便器はパナソニックのアラウーノです。

168.2010年12月13日

外構の正面駐車場の工事が始まりました。

169.2010年12月13日

桧の和室に襖や障子を建て込んでいます。

170.2010年12月14日

エコキュートが設置されました。1階は460L、2階は370Lの容量です。

171.2010年12月14日

ひのき壁の1階洗面所に化粧台がつきました。壁際には水ハネを考慮してキッチンパネルを貼りました。

172.2010年12月14日

電気工事もいよいよ大詰め、住宅用分電盤を取り付けています。

173.2010年12月14日

木曽ひのきの和室にタタミが敷かれました。

174.2010年12月14日

木曽桧の神棚を取付けています。もちろん大工さんの手造りです。

175.2010年12月15日

外構駐車場の土間下地の転圧が終わり、型枠や目地が配置されました。

176.2010年12月15日

住宅が完成しクリーニングをしています。養生材がとれ、白色に統一された床やキッチンが見えるようになりました。

177.2010年12月17日

完成です!明日お引渡しになります。

178.2010年12月21日

外構駐車場の土間コンクリートを打設しています。ようやく良い天気になりました。

179.2010年12月22日

駐車場も完成です。

カテゴリー別にみる - すべて にある

その他の完工事例

ページトップへ